活動区分別資金収支計算書(学校)

 学校法人会計基準に基づいて作成される資金収支計算書の附属表として作成される計算書類である。資金収支計算書が学校法人の会計年度の諸活動に対応するすべての収入および支出の内容ならびにその会計年度における支払資金(現金預金)の収入および支出の顚末を明らかにすることを目的としているのに対して、活動区分資金収支計算書は資金収支計算書の決算額を教育活動による資金収支、施設整備等活動による資金収支、その他の活動による資金収支の3つの活動区分ごとに区分し、活動ごとの資金の流れを明らかにすることを目的として作成される。活動区分については、文部科学省の通知(25高私参第8号)において以下のように示されている。すなわち、教育活動による資金収支には資金収支計算書の収入および支出のうち、後述の施設設備等による資金収支とその他の活動による資金収支を除いた教育・研究に係る資金収支が該当し、学生生徒等納金収入(授業料収入)や経常費補助金収入等が含まれる。施設設備等による資金収支は、施設の取得または売却や施設設備拡充のための寄付金や補助金の受入れに伴う活動により生じる資金収支であり、その他の活動による資金収支には資金の調達、運用といった財務活動により生じた資金収支や収益事業により生じた資金収支が該当する。
(古市雄一朗)