講習会レポート:公益・一般法人のための給与に関する法的知識と計算実務(2020年6月24日 東京)

日付:2020年6月24日(水)
会場:日本教育会館
講師:社会保険労務士・中小企業診断士 島﨑髙偉 先生
参加者:42名

課題:公益・一般法人のための給与に関する法的知識と計算実務
課題細目:
Ⅰ 準備編
 1 賃金に関する基礎知識
2 労働時間の基礎知識
3 休日・休暇・休業
4 社会保険・労働保険の基礎知識
 5 所得税・住民税のしくみ
 6 給与計算事務のタイムスケジュール
 7 採用時・退職時・結婚その他変更があった場合に必要な手続き
Ⅱ 実務編
 1 月例給与支給額の計算と控除すべきものとその納付の方法
 2 賞与から控除すべきものの求め方とその納付の方法
 3 退職金から控除すべきものの求め方とその納付の方法
 4 年末調整の概要
 5 知っておくべき労務関連法規の改正の方向と概要

 6月24日に公益・一般法人の給与関連業務をあたっての必要な法的知識や計算実務についての講座が開催された。講師は、シマザキ人材コンサルティングや「NPO厚木診断士の会」理事長として、団体・企業の経営革新、人材育成を支援されている島﨑髙偉 先生が務めた。
 給与計算業務の特徴、給与計算担当者としての心得、労働関連法規に基づいた基礎知識の確認を中心とした準備編、そして月例給与・賞与・退職金の計算方法、社会保険料・労働保険料控除、所得税・住民税の源泉徴収を中心とした実務編の2部構成で講演が行われた。また講義終盤では2019年4月、2020年4月施行の労働関連法規改正とその留意点についても取り上げられ、参加者からは「新たな知識を習得できた。」「基礎知識を再確認できた」などの声があげれらた。

(相談室 高野恭至)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。